スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白内障の思い出1

白内障を発症してから
手術までの流れをちょっと記載してみようかと思います。

結論から書くと、手術は無事成功しました。
手術から2年近くなりますが、大きな弊害はない状況です。

ちょい昔、残業が続き社畜化してきたなぁ~とか何とか思いながら過ごしていた時に気づいたんです。
視界に白いモヤがあるのです。それも右眼だけ。。。

最初は、寝不足続きだし、疲れ目かな?
と気にならなかったのですが、仕事が落ち着いてきた時もモヤが消えていない!?


眼科へ駆け込み診断してもらった結果、若年性白内障と診断されました。
白内障と聞いた時の率直な感想は、眼が白く濁る?。。。嫌だ。何とかしてください;;;自分まだ20台後半なのに。。。

表面上は冷静に装ったが、内面は、まさに悲劇のヒロイン状態w

そのときは、白内障とかの知識がほとんど無かったので、失明するのか?とか白く濁るから眼帯着用?カラーコンタクトで誤魔化すか?いや自分コンタクトは合わないし。。。
などなど、不安いっぱいでした。
当時の自分は、人生終わったなとか色々悲観的な状況だったと記憶しております。



何回か診断してもらった結果、以下のような事がわかりました。

右眼だけ白内障となっている。
右眼はもともと弱視だった。
左眼は発症していないが、将来的に可能性はある。

子供の頃から、そういえな右眼だけ極端に視力悪かったな思い出しました。
お医者さん曰く、おそらく幼少期から右眼が弱視で、でも、左眼がフォローしていて、日常生活に不便を感じなかったのでは?との事。
こういう見え方が普通という認識で過ごしていたので指摘されるまで気づかないケースは結構あるみたい。
本来そういうのは親御さんが気づいて、幼少期から治療すれば改善されるらしいです。
ただ、10歳を超えてから治療しても治る見込みが薄いとのこと。

まぁ、過去の事を嘆いても仕方が無いので、このことは親にはいいませんでした。

でもあらためて、右眼が弱視だよ!とか指摘されないと分からないもん何ですねw
こんな鈍いのは自分だけかもしれませんが。。。



さて、話は白内障に戻します。

発症の原因は、、、不明です。
若年者が白内障を発症するのは本当にレアらしくて、原因も眼の怪我だとか、あと薬の副作用だとかあるらしいですが、
自分にはこれだ!これが原因だね的なものはないんですよね。

元々、喘息もちだったんで、理由を無理やりこじつけるとしたら、薬の副作用?かな???みたいな状況です。
断定できない以上、薬の服用をとめることもできず、とめたら別の意味でやばいので。
(ステロイド系の副作用で白内障発症の事例が多いらしいが、当方が服用している薬はステロイド系では無い)

白内障診断後、医者からはこう言われました。
幸い、白内障を発症してまだ浅いので、このまま経過を見て、ひどくなったら手術を行うほうが良いのではないか。
なんでも、白内障は一度発症してしまうと、自然完治する事はほぼゼロらしい。点眼治療等おこなっても白内障の進行を遅らせる程度しかない。
最終的には手術しかないです。
将来的には分かりませんが、現時点で日本で処置される白内障治療は、手術が通例らしい。

あと手術には安静期間も含め最低1週間、1ヶ月は安静にしないといけないので、仕事の業種によっては調整が必要です。
とにかく術後の1週間は、注意が必要で、眼に菌が入ると最悪失明等があるらしい。
なので、術後3日くらいは顔も洗えない、髪も洗えない。そもそもお風呂も控えるべき。あと外出だめ。
そもそもある意味、眼のためとはいえ、ひげもぼさぼさ、顔も髪も皮脂でテッカテカwwwの状態で外には出たくないですw
何でも水道水も術後の眼には危険らしいですね。
汗なんてもってのほかなので、汗をかかない室温にしてじっと数日過ごすのです。

なんかそういうのが難しい場合は、入院手術もあるみたいですが、手術は1時間程で、その日で退院できます。
おもっていたよりもお手軽手術ですね。


続きはのちほど記載します。

では。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひつじ

Author:ひつじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。